検索

糖尿病足と閉塞性動脈硬化症   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査の長崎クリニック(大阪)]

長崎クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックに特化するため、糖尿病内科を廃止しました。

糖尿病:最新・専門の検査、治療[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺内分泌代謝動脈硬化糖尿病の、長崎クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編    内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

サーモグラフィーと血管超音波(エコー)検査

Summary

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病糖尿病の2つがそろえば、相乗効果で動脈硬化が進行します。糖尿病と閉塞性動脈硬化症では、血流を改善するプロスタグランジンE点滴(プリンク、リプル、パルクス)を行います。甲状腺機能亢進症/バセドウ病で下肢動脈急性閉塞が報告されています。長崎クリニック(大阪)では、糖尿病壊疽の治療は行っておりません。閉塞性動脈硬化症と鑑別を要する梨状筋症候群も解説。

甲状腺動脈硬化糖尿病

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。糖尿病は、言わずと知れた動脈硬化の危険因子です。甲状腺糖尿病の2つがそろえば、相乗効果で動脈硬化が進行します。

甲状腺動脈硬化は、 甲状腺と動脈硬化 ・高コレステロール血症 を、甲状腺糖尿病は、 甲状腺と糖尿病 を御覧ください。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で下肢動脈急性閉塞

下肢動脈急性閉塞を来たした難治性甲状腺機能亢進症/バセドウ病の症例報告があります。発表者は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病による心房細動から左心房内血栓ができ、左下肢動脈に飛んで急性閉塞をおこしたとしています。甲状腺機能亢進症では、循環血液量増大、拍出量増大、甲状腺ホルモン自体の血管への直接作用(non-genomic action)により血管障害が起き、左下肢動脈内で血栓ができた可能性もあると考えられます。(第54回 日本甲状腺学会 P063 治療抵抗性バセドウ病の為に下肢動脈急性閉塞を来たし、アイソトープ治療後は過剰量T4&T3補充を長期に要する一例)

糖尿病足と閉塞性動脈硬化症

サーモグラフィーと血管超音波(エコー)検査

血管超音波(エコー)検査、サーモグラフィーのみが目的で、長崎クリニック(大阪)を受診するのは御遠慮ください。甲状腺で長崎クリニック(大阪)を受診された方のみ、必要に応じて血管エコー、サーモグラフィー行います。

糖尿病閉塞性動脈硬化症では、足の血流が悪くなります。初期は、冷感のみです。進行すると、しばらく歩き続けると足先やふくらはぎが痛くなる間欠性跛行を起こします。末期では、安静時にも痛みを感じるようになり、足指やくるぶしに潰瘍ができ、感染すると、某演歌歌手と同じく壊疽を起こし手足を切断する事になります。糖尿病神経障害、アルコール性神経障害は痛みに鈍くなり、足の壊疽に気付かない事もあります。サーモグラフィーと血管超音波(エコー)検査で検査。

(左)サーモグラフィー;閉塞寸前・重症の血流障害(温度が低下し青)  (右)サーモグラフィー;健常人・血流が良く足先まで温度が低下せず

サーモグラフィーと血管超音波(エコー)検査

(上)血管超音波(エコー)検査;動脈硬化が進み、プラークができた後脛骨動脈

糖尿病足閉塞性動脈硬化症足の局所感染部、潰瘍、2度以上の熱傷凍傷に副腎皮質ステロイド軟こうは禁忌です。決して塗らないように!

腹部動脈でも閉塞性動脈硬化症:Leriche症候群

腹部大動脈下部から、左右に分かれた総腸骨動脈に血栓による動脈閉塞を来す状態。高度の動脈硬化が基盤になります。甲状腺機能低下症のように腰がだるい・下肢が疲れやすい・下肢の萎縮・間欠性跛行・血流が悪く下肢が蒼白、疼痛・冷感を伴います。

プロスタグランディンE(PGE)製剤点滴

糖尿病閉塞性動脈硬化症の血流を改善するプロスタグランジンE点滴(プリンク、リプル、パルクス)を行います。プロスタグランジンE点滴糖尿病性末梢神経障害の手足のしびれ、足の裏に紙が貼り着いたような感じ糖尿病性単神経障害(糖尿病性脳神経障害)の、眼を動かす神経の障害で起こる眼球運動障害(物が突然二重に見え出すなどの症状)・肋間神経痛にも有効です。

プロスタグランジンE製剤は肺高血圧症に保険適応のあるものもあります。膠原病で肺高血圧症を伴う場合、一石二鳥です。但し、右心不全のある場合は悪化させる可能性もあります。


※抗トロンビン剤:アルガトロバンは使用しません。「閉塞性動脈硬化症やバージャー病における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善」に4週間に限り保険適応があります。トロンビンによる「血栓形成」「血管収縮」を抑制する降下がありますが、4週間使っても、その間出血傾向が日増しに増大し、その後は元の状態に戻るだけ。あまり意味がありません。
ただし、急性脳梗塞や、ヘパリン誘発性血小板減少症には有用です。

糖尿病壊疽

長崎クリニック(大阪)では、糖尿病壊疽の治療は行っておりません。

糖尿病ガス壊疽

Clostridium perfringensウェルシュ菌が感染:嫌気性のグラム陽性桿菌で芽胞を形成。

  1. 糖尿病ガス壊疽の原因。抗生剤は効きやすいはずなのですが血流が悪い足には十分届きません。
  2. 腸管毒素による生体内毒素型食中毒をおこします。抗生剤は効きやすいはずなのですが血流が悪い足には十分届きません。ウェルシュ菌は、セレウス菌とともに加熱で殺菌できず、食中毒は糖尿病は関係ありません。

ネコ・イヌ・ウサギに咬まれ、引っ搔かれパスツレラ症

ネコ・イヌ・ウサギの口腔内常在菌。咬まれたり引っ搔かれたりして糖尿病患者の体内に入ると蜂窩織炎・敗血症に至ります。咬・掻傷部は数時間以内で激痛を認め、蜂窩織炎になります。黄色ブドウ球菌・A群溶連菌の混合感染あるため抗生剤はユナシン-S[スルバクタム(β-ラクタマーゼ阻害剤)・アンピシリン]使用。

糖尿病足から破傷風感染

4類感染症の破傷風は嫌気性菌(クロストリジウム・テタニ、破傷風菌)が傷口から入り、毒素による死亡リスクは65歳以上、糖尿病、予防接種を受けていない人で高くなります。糖尿病足からの感染がよく報告されています。

前駆症状として、項部硬直、口が開きにくいから始まり、全身強直性痙攣に至ります。作用範囲は筋肉のみのため意識鮮明で死ぬまで苦しみます。

抗生物質ペニシリン、抗破傷風免疫グロブリン、破傷風の予防接種再投与。

フルニエ壊疽

フルニエ壊疽は会陰部のガス壊疽・壊死性筋膜炎で、糖尿病クリオグロブリン血症などの、免疫低下・血流障害に

  1. 劇症型溶血性レンサ球菌感染症
  2. 嫌気性菌
  3. クレブシェラ菌

などが感染、急速進行し敗血症おこします。敗血症治療に加え

  1. 緊急デブリードマン
  2. 局所陰圧閉鎖処置
  3. 感染が沈静化した時点で植皮

糖尿病フットケア:炭酸浴療法

炭酸浴で炭酸ガスを皮膚から吸収、血行促進。糖尿病閉塞性動脈硬化症の末梢血行障害を改善、糖尿病性神経障害のしびれを改善。

通販などで売っている足浴機械(フットバス)を購入し、炭酸が出る入浴剤バブを入れれば、家庭で簡単に行えます。

閉塞性動脈硬化症と鑑別を要する梨状筋症候群

梨状筋症候群は、閉塞性動脈硬化症と同じように、足のしびれ・痛みがおこります。梨状筋症候群は、梨状筋の中を走る坐骨神経が、外傷やスポーツなどで圧迫されるのが原因です。腰椎MRIを撮っても,血管超音波(エコー)検査しても異常ないのが特徴です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)


広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード