検索

甲状腺と似ている合併している亜鉛欠乏症、甲状腺でむずむず脚症候群[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波検査の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)最新・専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺内分泌代謝等の長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしか行えない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報を満載しています。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、甲状腺学会で入手した知見を元にしています。

Summary

亜鉛欠乏症の症状は、甲状腺機能障害(甲状腺機能亢進症/バセドウ病,甲状腺機能低下症)に似ており、甲状腺機能に問題なければ亜鉛欠乏症を疑う必要があります。むずむず脚症候群は、亜鉛欠乏、鉄欠乏性貧血、葉酸欠乏症、妊娠、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症糖尿病性神経障害、アルコール性神経障害、慢性腎不全、尿毒症性神経障害、痛風、抗うつ剤、パーキンソン病でおこります。 亜鉛の長期投与で銅欠乏になります。

甲状腺と似ている合併している亜鉛欠乏症

非常に多い亜鉛欠乏症

世の中、亜鉛欠乏症は想像以上に多いことを実感しています。甲状腺機能低下症を疑い、長崎甲状腺クリニック(大阪)を受診するも、甲状腺機能低下症でない患者さんの多くが亜鉛欠乏症です(もちろん、副腎皮質機能低下症成人成長ホルモン分泌不全症の事もありますが、ごく少数です)。

教科書的には、亜鉛欠乏症は肝硬変や重症の消耗性疾患(癌や、点滴だけで生きている人)にしか起こらないような、縁のない病気とされます。せいぜい、糖尿病やアルコール依存症に認められる程度と考えられています。ところが、それは大間違い!味覚外来などしている先生も同じ事を言われると思いますが、体の不調を感じながら普通に生活している人の、かなりの数が亜鉛欠乏症です。しかも、最新の血清亜鉛の正常値を適応すれば、亜鉛欠乏症の証明になります。

「だるい」「皮膚がかゆく皮膚科で治療しても治らない」「脱毛」「口の中の違和感」など亜鉛欠乏症の事が多いです。これらの症状は亜鉛の補充により改善します。

亜鉛欠乏症

人間の体内で必須の微量元素亜鉛

亜鉛は、人間の体内で必須の微量元素で、

  1. 約300種類の酵素の補酵素
  2. 成長、発育に必要な核酸やたんぱく合成に関与
  3. 皮膚の新陳代謝
  4. 舌の味を司る味蕾を形成
  5. ホルモンの合成、分泌、機能に影響(特にインスリンや性腺ホルモン)
  6. カルシウムの吸収を助けて骨形成を促進

などがあります。

亜鉛欠乏症2

亜鉛欠乏症の原因

  1. 甲状腺機能亢進症甲状腺機能低下症どちらも亜鉛欠乏を生じるとされます。
  2. アルコール多飲:アルコール分解の補酵素としてに亜鉛が多量消費されます。
  3. フィチン酸:穀物・豆類(麦や豆)が原料の製品やインスタント食品に多く、亜鉛と結合し腸からの吸収を阻害します。
  4. 炎症性腸疾患など腸の病気による亜鉛吸収障害
  5. 肝障害・膵障害
  6. 糖尿病
  7. 妊娠・加齢:亜鉛需要の増大

亜鉛欠乏症を疑い、血中亜鉛を測定すべき人

亜鉛欠乏症を疑い、血中亜鉛を測定すべき人は

  1. 甲状腺機能低下症/橋本病甲状腺機能亢進症/バセドウ病
  2. 一部の成長遅延児
  3. 炎症性腸疾患など腸の病気、腸性肢端皮膚炎おこしている人
  4. 妊婦
  5. 高カロリー輸液を長期間受けている人
  6. 肝障害・膵障害
  7. 糖尿病(下記参照)
  8. 老人
  9. 味覚低下のある人

亜鉛欠乏症の症状

亜鉛欠乏症の症状は、甲状腺機能障害(甲状腺機能亢進症/バセドウ病,甲状腺機能低下症)に似ており、甲状腺機能に問題なければ亜鉛欠乏症を疑う必要があります。

亜鉛欠乏症の症状は、

  1. 皮膚炎・脱毛(抜け毛や切れ毛)
  2. むずむず脚症候群
  3. うつ状態・記憶力の低下
  4. 味覚障害
  5. 亜鉛欠乏性甲状腺機能低下症:自己抗体陰性で甲状腺重量6gの小さい甲状腺に多いようです。(セレン欠乏症亜鉛欠乏症は甲状腺機能低下症
  6. 糖尿病
  7. 免疫能低下・感染症(よく風邪をひく)・創傷治癒遅延(傷が治りにくい)
  8. 下痢
  9. 性欲減退・精子数の減少・生理不順
  10. 発育不全、骨格奇形、関節炎
  11. 骨粗鬆症

甲状腺機能低下症亜鉛欠乏症

甲状腺ホルモンは腸での亜鉛吸収に必須で、甲状腺機能低下症により亜鉛欠乏症が生じます。(Int J Trichology. 2013 Jan;5(1):40-2.)

亜鉛欠乏症甲状腺機能低下症

亜鉛は正常な甲状腺ホルモン産生に欠かせないとされます。ダウン症候群の子供の血中亜鉛濃度は低下しており、また、甲状腺機能低下症の合併が多い事が知られます。亜鉛剤を4ヶ月投与すると、甲状腺機能低下症が改善するとの論文があります。ダウン症候群の子供の血中亜鉛濃度の低下は、低栄養でなく、腸の吸収障害と考えられます。(International Journal of Neuroscience 65 (1992): 259-68.)

亜鉛欠乏症橋本病バセドウ病

亜鉛は免疫系の機能に重要で、亜鉛欠乏が自己免疫疾患(橋本病バセドウ病)の発症影響を与える可能性があります。(Immulrology Today 2 (1981): 225-27.)

甲状腺機能亢進症で亜鉛欠乏症に

甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモン過剰により、

  1. 亜鉛の消費が亢進
  2. 尿中への亜鉛排泄が増加

します。

亜鉛欠乏糖尿病が悪化

亜鉛欠乏症糖尿病が悪化します。亜鉛は、インスリンに含まれる必須ミネラルで、不足するとインスリンを作れなくなります糖尿病では、血中亜鉛濃度の測定をおすすめします。

また、亜鉛欠乏はムズムズ脚の原因にもなり、糖尿病足閉塞性動脈硬化症糖尿病神経障害に併発すると下肢の知覚障害(しびれ)がさらに辛くなります。

亜鉛が多く含まれる食品

  1. カキ(オイスター)・ホタテ:甲状腺の病気がある方には、お勧めできません(貝の緑の部分は海藻で、ヨードを体内に蓄積しています) (ヨードと甲状腺 )
  2. たらこ・さんま(漁獲量が減っている)
  3. ささみ肉
  4. 高野豆腐(今時食わんわな・・)

以下は、亜鉛は多いものの、それ以外の問題多いため避けてください

  1. レバー(悪玉コレステロール・尿酸多い)
  2. ウナギ(絶滅危惧種)
  3. カシューナッツ・アーモンド(悪玉コレステロール多い)

血清亜鉛

血清亜鉛値の正常範囲は60-130μg/dlとされていましたが、最近の見解では 80 ~130μg /dLです(広範囲血液・尿化学検査7版.日本臨床68巻増刊号,309, 2010)、

  1. 60μg/dl未満が亜鉛欠乏症
  2. 60-80μg/dlが潜在性亜鉛欠乏症

です(Biomed Res Trace Elements 18 :54, 2007)。

亜鉛サプリメントの使用

亜鉛の補充で簡便なのは、亜鉛サプリメントの使用です。1日の亜鉛必要量は、

  1. 男性10mg から12mg
  2. 女性8mg から10mg
  3. 妊婦10mg から12mg

です。必要上に飲みすぎると亜鉛過剰の副作用が出るので絶対禁!亜鉛過剰の症状は、

  1. 急性亜鉛中毒


むずむず脚症候群

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群(レストレスレッグ症候群)は、下肢に不快な感覚(虫がはうような感覚、むずむず感、ほてり感など)があり、夕方から夜間に症状がひどくなります。脚を動かすと不快感が軽くなるため、絶えず脚を動かします。下腿の不快感のため、不眠(入眠困難、中途覚醒)の原因となります。

原因として脳内のドーパミン機能異常が有力視されています。亜鉛欠乏、鉄欠乏性貧血、葉酸欠乏症、妊娠、アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症などでも、むずむず脚症候群がおこります。また、糖尿病性神経障害、アルコール性神経障害、慢性腎不全、尿毒症性神経障害、痛風、抗うつ剤、パーキンソン病も原因になります。 

不眠を増悪するカフェイン、アルコール、喫煙を避けることが第一です。ドパミン(D2)アゴニストが第一選択薬、ガバペンチン、エナカビル『レグナイト錠®』もむずむず脚症候群に保険適応となりました。

抗てんかん薬のクロナゼパム(リボトリール®、ランドセン®)はレム睡眠行動異常症の第一選択薬です。

周期性四肢運動障害

むずむず脚症候群にしばしば合併。睡眠中に足のピクツキが周期的に出現、脳が覚醒し睡眠が浅くなります。

亜鉛を補充し過ぎると銅欠乏性貧血

銅欠乏性貧血

亜鉛は消化管からと競合して吸収されます。

  1. 亜鉛欠乏症で、亜鉛製剤の長期投与
  2. 義歯接着剤の使いすぎ

で、の吸収が阻害されます。

  1. は鉄に協力して、赤血球のヘモグロビンを作るのに必要なため、銅欠乏性貧血(大球性貧血, 好中球減少を伴う)
  2. 毛髪の異常
  3. 骨の異常

がおこります。

銅過剰症 

は、レバー、いか、かに、えび、納豆等に多く含まれますが、通常の食生活で過剰症になりません。の容器での酸性食品の保存、鍋での調理により過剰症をおこす事あります。

過剰症では、

  1. 腹痛・嘔吐・下痢
  2. 肝障害、肝硬変、肝臓癌のリスク増大
  3. 腎障害
  4. 脳障害
  5. 溶血性貧血

などの症状を来すことがあります。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード