検索

甲状腺と低HDLコレステロール血症/中性脂肪低値 ・HDL機能不全、高トリグリセリド血症[甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 長崎クリニック(大阪)]

動脈硬化:最新・専門の検査/治療/知見      [甲状腺 専門医 動脈硬化の長崎クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編    内分泌代謝(副甲状腺/副腎)・痛風/肥満/禁煙等  (下垂体・妊娠/不妊等)  糖尿病編 をクリックください

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば、血管年齢など動脈硬化が改善することを、私、長崎俊樹が世界で初めて証明しました。

甲状腺疾患における動脈硬化は、長年にわたる私、長崎俊樹の研究テーマです。

summary

善玉コレステロールHDLが40(mg/dl)以下は、低HDLコレステロール血症動脈硬化の危険因子。甲状腺機能亢進症/バセドウ病で、脂肪分解も活発化、低HDL/低LDLコレステロール血症・中性脂肪低値に。高トリグリセリド血症(高TG血症)は、中性脂肪が150 mg/dL以上の高脂血症動脈硬化の危険因子。潜在性甲状腺機能低下症で高トリグリセリド(中性脂肪)血症との報告も。

  1. 甲状腺と低HDLコレステロール血症・HDL機能不全
  2. 高トリグリセリド血症(高TG血症)
  3. 中性脂肪が低値

甲状腺と低HDLコレステロール血症・HDL機能不全

低HDLコレステロール血症とは

善玉コレステロールのHDLコレステロール(High-density lipoprotein コレステロール)は

  1. コレステロール逆転送作用(血管内壁の動脈硬化をおこすコレステロールを引き抜き、肝臓まで運ぶ)
  2. 抗酸化作用(抗酸化酵素パラオキソナーゼ1)
  3. 抗炎症作用

があります。善玉コレステロールのHDLコレステロールが40(mg/dl)以下は、低HDLコレステロール血症と診断されます。低HDLコレステロール血症は動脈硬化の危険因子です。HDLコレステロールの重篤な低下は20 mg/dL 未満と定義されます。原因は

  1. アポAI変異症
  2. ABCA1遺伝子変異:タンジール(Tangier)病はコレステロールの細胞膜輸送の異常
  3. LCAT(Lecithin cholesterol acyltransferase)遺伝子変異:コレステロールエステル転送障害
  4. 高トリグリセリド血症(高TG血症)に合併(最も頻度が高い)

です。糖尿病/炎症(炎症酵素MPO;ミエロペルオキシダーゼなどによる)では、善玉コレステロールHDLの数は変わらなくても、内部構造が変わり善玉機能が損なわれます。

低HDLコレステロール血症は、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の事も

甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、代謝の異常亢進により、脂肪分解も活発で、低HDLコレステロール血症になります。悪玉コレステロールLDLも同様に過剰分解され、低HDL/低LDLコレステロール血症になります。この低HDL/低LDLコレステロール血症が、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の病態にどのような意味を持つか定かではありません。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病を治療し、甲状腺機能が正常化すれば、本来のHDL/LDLコレステロール値に戻ります。

抗LCAT 抗体

蛋白尿(あるいはネフローゼ症候群)と貧血と同時にHDLコレステロールが急激低下し、高トリグリセリド血症(高TG血症)、Lecithin cholesterol acyltransferase(LCAT)活性低下おこす症例が数件報告されています。蛋白尿と貧血を認めない症例もあります。甲状腺機能は正常、抗LCAT 抗体が証明された症例もあり(J Am Soc Nephrol. 2013 Jul 31; 24(8): 1305–1312.)。後天的に、一過性の抗LCAT 抗体が出現するのが原因と考えられています。(第56回 日本甲状腺学会 P1-064 甲状腺機能検査等に異常なく、急激にHDL-C 20 mg/dL 未満へ低下して7 年後に自然寛解した低脂血症の1 例)

高トリグリセリド血症(高TG血症)

高トリグリセリド血症(高TG血症)の原因

高トリグリセリド血症(高TG血症)は、血液中に中性脂肪(トリグリセリド)が150 mg/dL以上の高脂血症です。動脈硬化の危険因子で、極端に高いと急性膵炎をおこします。

  1. 遺伝性:原発性高カイロミクロン血症(家族性リポ蛋白リパーゼ欠損症、アポ白CⅡ欠損症)
  2. ネフローゼ症候群:血液中のアルブミン濃度が減少すると、肝臓のアルブミン合成が増大し、ついでに低比重リポ蛋白(LDL)および超低比重リポ蛋白(VLDL)生成も増加。また動脈硬化抑制因子の高比重リポ蛋白(HDL)が尿中へ漏れ出て、血液中のHDL濃度は減少。
  3. 慢性腎不全で脂質分解の低下による高脂血症。
  4. 高用量のサイアザイド系利尿薬/ループ利尿薬は,トリグリセライド、LDLコレステロールを上昇。
  5. β遮断薬では,血清トリグリセライド上昇、HDLコレステロール低下が報告されています

家族性リポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症

家族性リポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症のホモ接合体は、血中の中性脂肪(トリグリセリド)が1000 mg/dL以上の高脂血症になります。出生時より中性脂肪(トリグリセリド)が高く、膵炎を繰り返します。

潜在性甲状腺機能低下症と高トリグリセリド血症(高TG血症)

潜在性甲状腺機能低下症は、「血中甲状腺ホルモン値が正常かつTSH値が高値である状態」で、軽度の甲状腺機能低下症と言えます。わかり易く言えば、TSHが上昇して甲状腺を刺激するだけで、なんとか甲状腺ホルモンを正常範囲内に維持できる状態です。

潜在性甲状腺機能低下症の女性は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)よりもトリグリセリド(TG、中性脂肪)上昇が有意に起きるとの報告があります。(第58回 日本甲状腺学会 P236 潜在性甲状腺機能低下症は女性において高TG血症の危険因子である)

中性脂肪が低値

中性脂肪が低値の原因として、

  1. 栄養不足
  2. 体質的(遺伝的)
  3. 採血を意識して、過度の食事制限をした場合
  4. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病:代謝の異常亢進により、中性脂肪分解が活発に

があります。中性脂肪低値から甲状腺機能亢進症/バセドウ病が見つかる方が数多くいます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎クリニック(大阪)

広告

長崎クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード