検索

内分泌高血圧, 閉経後(更年期)高血圧, 悪性高血圧, 高レニン・高アルドステロン高血圧,薬剤誘発性高血圧   [甲状腺 専門医 橋本病  長崎甲状腺クリニック(大阪)]

内分泌代謝(副甲状腺・副腎・下垂体)専門の検査/治療/知見 長崎甲状腺クリニック(大阪)

内分泌高血圧

甲状腺内分泌代謝の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

内分泌高血圧(甲状腺,副甲状腺,副腎,下垂体), 閉経後高血圧・更年期高血圧, 命に危険がおよぶ悪性高血圧, 高レニン・高アルドステロン高血圧(腎血管性高血圧・褐色細胞腫),薬剤誘発性高血圧(糖質コルチコイド、エストロゲン、シクロスポリン)を解説します。

Keywords

内分泌,高血圧,甲状腺,副甲状腺,副腎,下垂体,閉経後高血圧,悪性高血圧,高レニン高アルドステロン,腎血管性高血圧,更年期高血圧

内分泌高血圧

高血圧の大部分にはホルモン異常が少なからず関与します。高血圧は、循環器病というより内分泌病と言っても過言ではありません。具体的には

  1. 甲状腺の病気:甲状腺の血圧管理
  2. 副甲状腺の病気:
    高カルシウム血症副甲状腺
    家族性/後天性低カルシウム尿性高カルシウム血症・サルコイドーシス・薬剤性
  3. 副腎の病気:
    高血圧・糖尿病、実は副腎の病気/副腎腫瘍(褐色細胞腫)
    高血圧、実は副腎の病気/副腎腫瘍(原発性アルドステロン症)
    高血圧・糖尿病・メタボ、実は副腎の病気/副腎腫瘍(クッシング症候群)、 アレルギー性鼻炎薬で副腎の病気に?
  4. 下垂体の病気:先端巨大症(成長ホルモン)・プロラクチンと甲状腺

妊娠高血圧

妊娠高血圧 を御覧ください

閉経後高血圧(更年期高血圧)

閉経後高血圧(更年期高血圧)は、女性ホルモン(エストロゲン)の低下により、

  1. 相対的に男性ホルモン(アンドロゲン)が過剰になる
  2. 精神的不安定さなどから交感神経が亢進し、不適切なレニン-アルドステロン系の不適切な活性化がおこる

などが原因と言われます。

命の危険!悪性高血圧

拡張期血圧120mmHg以上の重症高血圧で放置すると脳・心・腎・眼に多臓器障害を起こし1年以内に死にます。大部分は体質的な本態性高血圧ですが慢性糸球体腎炎・強皮症腎クリーゼ(抗RNAポリメラーゼⅢ抗体陽性が多い)・褐色細胞腫(褐色細胞腫クリーゼ)など内分泌性高血圧が原因になります。

悪性腎硬化症(急性腎不全)・高血圧性心不全・高血圧脳症・高血圧性網膜症(軟性白斑又は網膜出血)・血栓性微小血管障害[溶血(破砕赤血球)・血小板減少]の多臓器障害。

悪性高血圧,悪性腎硬化症

ただちに

  1. ニトログリセリン/ニトロプルシド点滴静注;効果発現までの時間が最も短い(緑内障、甲状腺機能低下症/橋本病には注意)
  2. フェントラミン(α遮断薬)点滴静注
  3. Ca拮抗薬点滴静注
悪性高血圧,悪性腎硬化症

などで160/100-110mmHgに下げる必要あります。急激な低下は臓器虚血、心筋梗塞・脳梗塞をおこすため要注意です。

Ca拮抗薬ニフェジピンカプセル舌下投与やニカルジピン注射薬ワンショット静注は、過度の降圧や反射性頻脈のため行いません。

強皮症腎クリーゼ

強皮症は皮膚、全身臓器の線維化を起こす膠原病です(橋本病(慢性甲状腺炎)合併全身性強皮症(SSc)。強皮症腎クリーゼ(renal crisis)は急性進行性の腎機能障害で、高血圧(多くは悪性高血圧)を伴い、無治療なら死亡します。

強皮症腎クリーゼは

  1. 発症後4年以内、抗RNAポリメラーゼⅢ抗体陽性例におこりやすく
  2. 輸入細動脈のフィブ リノイ ド変性と高レニン血症が特徴
  3. 溶血性尿毒症症候群(HUS)を合併する事ある。
  4. ACEI(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)が著効し、生命予後が改善した。
  5. ACEI(アンジオテンシン変換酵素阻害薬)、ARBは強皮症腎クリーゼ予防効果なく、むしろこれらの投与で発症した強皮症腎クリーゼは死亡リスクが高い
    強皮症腎クリーゼ予防に有用なのはカルシウム拮抗薬
  6. 高用量ステロイド使用(15mg半年以上)で強皮症腎クリーゼ誘発。

高レニン・高アルドステロン高血圧

高レニン・高アルドステロン高血圧とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)では、高血圧の方に、(ホルモン異常による)内分泌性高血圧を疑い、血漿アルドステロン濃度/血漿レニン活性比を測定する場合があります。高レニン・高アルドステロンを認めた場合

  1. 本態性(遺伝性)高血圧症
  2. 腎血管性高血圧(動脈硬化・分節性中膜融解症・線維筋異形成)
  3. 褐色細胞腫
  4. レニン産生腫瘍:稀、傍糸球体細胞腫がレニン産生。CT,超音波で腎腫瘤を認め造影されない
  5. 閉経後高血圧(更年期高血圧)
  6. 経口避妊薬/エストロゲン誘発性高血圧:交感神経刺激
  7. シクロスポリン/タクロリムス誘発性高血圧:腎毒性の副作用、交感神経刺激

腎血管性高血圧

腎血管性高血圧 を御覧下さい。

薬剤誘発性高血圧

  1. NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬):アラキドン酸からプロスタグランジンが産生される過程でシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害し、腎プロスタグランジン産生を抑制するため、①水・Na貯留と②血管拡張の抑制をきたします。高齢者ではNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)により急性腎機能障害をきたし血圧上昇が促進。
     
  2. 甘草、グリチルリチン:甘草は肝保護剤、漢方薬、健康補助食品、化粧品に含まれます。有効成分グリチルリチンは副腎皮質ホルモンのコルチゾールを不活性のコルチゾンへ代謝する11β水酸化ステロイド脱水素酵素を阻害し、コルチゾールの半減期を延長、Na・水の貯留・K低下をきたし、偽性アルドステロン症を発症。
     
  3. 糖質コルチコイド(副腎皮質ホルモン剤)、エストロゲン(女性ホルモン剤):交感神経刺激
     
  4. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病に合併、または抗甲状腺薬の副作用で起こる再生不良性貧血の治療薬シクロスポリン/タクロリムス誘発性高血圧:腎毒性の副作用、交感神経刺激

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら