検索

甲状腺と救急(アウトドア編) [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺超音波(エコー)検査 内分泌の長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺と救急(アウトドア編)ドイツアルプス

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

甲状腺と救急(アウトドア編)

Summary

毒キノコのシビレタケを食べるとシロシビンによるドーパミン分泌促進、セロトニン症候群(瞳孔散大、頻脈、高血圧、幻覚)は甲状腺中毒症、甲状腺クリーゼの様。甲状腺ホルモンが正常化していない甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症/バセドウ病は、低酸素状態・登山の運動強度増大による過剰な心臓への負荷で、狭心症・心筋梗塞・たこつぼ型心筋症・不整脈・心不全・高地肺水腫・運動時高血圧症の危険。甲状腺機能低下症、甲状腺腫瘍による気管圧排、先端巨大症で閉塞性睡眠時無呼吸症あると、山上で低酸素状態の危険。マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は無顆粒球症に類似。

Keywords

高山病,甲状腺機能低下症,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,低酸素,登山,高地肺水腫,運動時高血圧症,閉塞性睡眠時無呼吸症,重症熱性血小板減少症候群

甲状腺と救急:毒キノコのシビレタケ中毒を甲状腺中毒甲状腺クリーゼと勘違い

毒キノコのシビレタケ

毒キノコのシビレタケを山菜採りで持ち帰り食べると、シロシビンによるドーパミン分泌促進、セロトニン症候群(瞳孔散大、頻脈、高血圧、幻覚)おこします。あたかも甲状腺中毒症甲状腺クリーゼのような紛らわしい症状です。

治療は活性炭投与。

高山病と甲状腺

高山病は、1800mから2500mを越える高地でおこり、日本では富士山の登山(五合目で2300m、頂上で3776m)で危険があります。甲状腺ホルモンは心臓に直接作用するため、甲状腺ホルモンの多い少ないで、既に不整脈・心不全などが起こりやすい状態にあると言えます[甲状腺と心臓病(サイロイドハート) 甲状腺と不整脈]。甲状腺ホルモンが正常化している甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症/バセドウ病では問題ありませんが、未治療あるいは治療中でも安定化していない場合、低酸素状態による過剰な心臓への負荷で、不整脈・心不全おこす可能性があります。結果、高地肺水腫high-altitude pulmonary edema (HAPE)も起こしやすくなり、すぐに高地から下りなければ命にかかわります(高山病で死なないために - 日本旅行医学会)。

高地肺水腫の病態は、低酸素性血管収縮が不均等に生じ、血管収縮が弱い所に血流が集中、肺高血圧となり肺胞毛細血管関門が破綻するものです。カルシウム拮抗剤で肺高血圧が解除されます。

重症化すると高地脳浮腫も伴い、副腎皮質ステロイド剤投与を要します。

ドイツアルプス 高山病と甲状腺

ドイツアルプス

リンダーホフ城 高山病と甲状腺

リンダーホフ城

登山と甲状腺

高山病おこさないような、通常の登山にも危険は多く存在します。甲状腺に問題がある状態での登山は気を付けましょう。

睡眠時無呼吸症から低酸素症

甲状腺ホルモンが正常化していない甲状腺機能低下症甲状腺腫瘍による気管圧排、先端巨大症で閉塞性睡眠時無呼吸症になっている場合(甲状腺と睡眠障害閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)、山上で泊まるのは避けましょう。山の上は酸素分圧が低く、睡眠時無呼吸症では呼吸数が少なくなっているため、低酸素状態を起こし易くなります。眠れば、それが永遠の眠りになるやもしれません。

心臓発作

登り道は傾斜が掛かる分、運動強度は増します。心臓に掛かる負荷が増大し、しかも、頂上に近着くにつれ、大気の酸素濃度は低くなり、更なる負荷が掛かります。甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では、すでに動脈硬化が進行し狭心症・心筋梗塞が隠れている可能性があり、過剰な心負荷が掛かれば、それが顕在化する危険あります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病では、既に過剰な甲状腺ホルモンが心臓に負荷を掛けているため、狭心症・心筋梗塞、不整脈、たこつぼ型心筋症をおこす危険が増します。[甲状腺と心臓病(サイロイドハート) 甲状腺と不整脈]

運動時高血圧症

登山で、運動強度が増せば、運動時高血圧症の危険があります。収縮期血圧が急上昇し、血管の破裂による脳内出血が起こります。甲状腺ホルモンが過剰になる甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症では、既に収縮期高血圧(上の血圧が高い高血圧)になっているため、運動時高血圧症おこし易くなります(甲状腺の血圧管理・高血圧)。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で服薬中、無顆粒球症?重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

甲状腺機能亢進症/バセドウ病で抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)服薬中、特に飲み始めの数か月、再発後の再服用では無顆粒球症に注意が必要です。

マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は無顆粒球症に似た症状・検査所見です。抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)服薬中の方が、アウトドアで森や山へ行き、マダニに咬まれ重症熱性血小板減少症候群(SFTS)になれば、無顆粒球症と見誤る可能性があります。

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は2017年の時点で、石川県以西の西日本で年間60-70人が感染します(国立感染症研究所HPより)。重症熱性血小板減少症候群(SFTS)はマダニに咬まれ、SFTSウイルスに感染後10日程の潜伏期で発症、刺し口を認めない例もあります。発熱、消化器症状(無顆粒球症とは異なる)おこし、汎血球減少、骨髄で血球貪食像認めます。ステロイドパルス療法行いますが、死亡率45%とされます。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら