検索

めまい、ふらつき、メニエール、失神と甲状腺/動脈硬化 [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺エコー検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

動脈硬化:専門の検査/治療/知見[甲状腺 専門医 橋本病 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺動脈硬化の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

小脳梗塞MRI画像

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば、血管年齢など動脈硬化が改善することを、私、長崎俊樹が国際医学界で初めて証明しました。

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。めまい自体の検査/治療は行っておりません。

Summary

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行します。回転性めまいはメニエールと考えがちですが、動脈硬化が原因の①小脳梗塞・出血・腫瘍・聴神経腫、②前下小脳動脈閉塞・後下小脳動脈閉塞(Wallenberg症候群)、③椎骨脳底動脈不全・鎖骨下動脈盗血症候群の可能性があります。鎖骨下動脈盗血症候群も動脈硬化、若い女性では大動脈炎症候群(脈なし病、高安動脈炎)が原因で、閉塞側の上肢を動かすと、めまい・失神、視力障害が誘発されます。

甲状腺とめまい

甲状腺機能低下症患者の67%にめまいが起きるとされます(Laryngoscope. 1977 Dec; 87(12):2082-9.)。

甲状腺ホルモン自体が原因で、めまいが起こるメカニズムは証明されていません。むしろ、甲状腺機能低下症/橋本病でも、甲状腺機能亢進症/バセドウ病でも様々な体の異常をきたすため、自律神経失調や不眠・精神の不安定・生理不順などから2次的にめまいを誘発します。

よって、めまいから甲状腺の病気が見つかる事があるのです。

ただし、甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病による動脈硬化の進行が、難治性のめまいを起こす事があります。

甲状腺乳頭癌で、めまいは起こりません。

めまい止めトラベルミン®で甲状腺機能亢進症/バセドウ病増悪

めまい止めトラベルミン®は、

  1. ジフェンヒドラミンサリチル酸塩(抗ヒスタミン剤;抗コリン作用を有する)
  2. ジプロフィリン(気管支拡張剤テオフィリンと同じキサンチン系薬剤)

を含有し、甲状腺ホルモンと同様に交感神経刺激作用があるため、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の症状を増悪させる危険性があります。

甲状腺機能が正常化・安定しているバセドウ病患者なら、問題ありませんが、甲状腺機能が不安定な状態なら危険です。

良性発作性頭位めまい症と甲状腺

良性発作性頭位めまい症は、めまいの半数以上を占めます。

内耳の中で、器官卵形嚢(らんけいのう)は、耳石(じせき)の傾きによって垂直方向を感知します。耳石のカスが浮遊耳石となり、三半規管に迷入すると規管内のリンパ液に流れが生じ、体が動いているかのような偽の信号が脳に送られ、めまいとなります。これが、良性発作性頭位めまい症です(図;毎日が発見ネットより)

良性発作性頭位めまい症

日本めまい平衝学会のガイドラインによると

  1. 特定の頭位変換(頭の位置)で、回転性あるいは動揺性のめまい
  2. めまいは頭位変換後数秒で出現、次第に増強、そして減弱ないし消失。この間1分以内が多い。
  3. 繰り返し同じ頭位変換を行うと、めまいは軽減、最後は消失。
  4. 難聴、耳鳴、耳閉塞感などの聴覚症状ない
  5. 顔面神経(第VIII脳神経)以外の神経症状ない。

特に4.がメニエール病との鑑別点です。

良性発作性頭位めまい症と橋本病(慢性甲状腺炎)の因果関係を肯定する論文、否定する論文(Acta Otolaryngol. 2015 Aug;135(8):754-7.)両方があります。

肯定する論文では、良性発作性頭位めまい症の27.1%に橋本病(慢性甲状腺炎)の自己免疫抗体(Med Hypotheses. 2000 Apr;54(4):614-5.)を認めます。

メニエール病と甲状腺

メニエール病

メニエール病の原因は、内耳のリンパ液が増え、内耳がむくんだ病態(内リンパ水腫)です。詳しい機序は解明されていませんが、自己免疫、内分泌系の関与も報告されています。メニエール病が起こり易くなる誘因として、ストレス、疲労、睡眠不足、気圧の激しい変動などがあります。(図;TOKYO MX+より)

内耳水腫が

  1. 聴覚器官である蝸牛に起これば耳閉感(耳が詰まった感じ)、耳鳴り、音が響く感じ、難聴
  2. 平衡器官の三半規管と耳石器に起こればめまい。軽度なら不動感(フワフワ浮いたようなる感じ)、重ければ回転性めまい(グルグル回る感じ)。持続時間は10分程から数時間までの事が多く、短いめまいはメニエール病とは考えにくいです。

の症状になります。

メニエール病の34.3%に甲状腺機能低下症が存在し、甲状腺ホルモン剤(チラーヂンS)を補充すると全ての患者でメニエール病の症状が改善したそうです(J Clin Diagn Res. 2016 May;10(5):MC01-3.)。

また、メニエール病には、特定のヒト白血病抗原(HLA抗原)や内耳抗原に対する自己免疫が関与するとされます。メニエール病患者の38%で甲状腺自己抗体(橋本病抗体)陽性[内分けはTPO-Abのみ(68.4%)、TPO-Ab+TR-Ab(15.8%)、Tg-Abのみ(10.5%)、TPO-Ab+Tg-Ab(5.2%)]と報告されます。(Clin Exp Immunol. 2008 Apr;152(1):28-32.)

甲状腺と動脈硬化

甲状腺機能低下症/潜在性甲状腺機能低下症/橋本病では動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞の発症率が上がります。甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]で治療すれば、総頚動脈内膜中膜肥厚度(CCA IMT)、血管年齢など動脈硬化が改善することを、私、長崎俊樹が医学界で初めて証明しました。

回転性めまい:メニエールでなく動脈硬化が原因

小脳性めまい

小脳梗塞

回りがグルグル回るめまい(回転性めまい)はメニエールと考えがちですが、動脈硬化などが原因の小脳性・椎骨脳底動脈性の脳の異常のこともあります。

  1. 小脳性;小脳梗塞、小脳出血(出血後の血腫)、小脳腫瘍、聴神経腫
  2. 椎骨脳底動脈性;椎骨脳底動脈系梗塞、椎骨動脈解離(頚部痛も伴う)、鎖骨下動脈盗血症候群]

などが原因です。

小脳性めまいは、注視眼振検査で上下左右方向のランダムな水平性垂直性眼振(水平のみ垂直のみの場合もあり)。一方、メニエールのめまいは異常のある耳(三半規管)を向く、水平性眼振のみ。

セファドール(ジフェニドール)は

  1. 前庭神経路の調整作用
  2. 椎骨動脈の循環改善する作用

があります。

小脳梗塞・椎骨脳底動脈系梗塞

ワレンベルグ症候群

動脈硬化や、重量挙げ・ダンベル、むやみな首のマッサージなど首に強い衝撃を受けた際の血管損傷による

  1. 小脳梗塞(上下方向の垂直眼振が特徴)
  2. 椎骨脳底動脈系梗塞;前下小脳動脈閉塞・後下小脳動脈閉塞・椎骨動脈解離(Wallenberg症候群)

です。椎骨脳底動脈系梗塞、特に脳幹梗塞(延髄・橋・中脳)は、命は助かっても重い後遺症が残る場合が多いです。

Wallenberg症候群(ワレンベルグ症候群;延髄外側症候群)

Wallenberg症候群 MRI画像

Wallenberg症候群(ワレンベルグ症候群;延髄外側症候群);その名の通り、延髄の外側におこる脳梗塞、椎骨動脈解離。MRI画像にて一目瞭然。症状は、

  1. めまい
  2. 飲み込みの障害(嚥下障害);巨大甲状腺腫、甲状腺腫瘍甲状腺癌による圧迫・反回神経麻痺の様
  3. 感覚障害;病側(脳梗塞側)の顔面感覚障害と健側の体の感覚障害
  4. ホルネル症候群;交感神経下行路の障害により、
    ①病側の縮瞳、眼瞼下垂(甲状腺眼症の様)、発汗低下、体温低下(甲状腺機能低下症橋本病(慢性甲状腺炎)合併シェーグレン症候群の様)
    ②健側体幹の体温低下

小脳出血(出血後の血腫)

小脳出血、出血後の血腫は、3cm以上なら神経症状によらず緊急手術適応となります。3cm未満なら保存治療となりますが、時間が経つと3cm以上になる可能性あるため、どの道、脳外科に頼む必要あります。

動脈硬化で鎖骨下動脈盗血症候群

鎖骨下動脈盗血症候群は動脈硬化、あるいは大動脈炎症候群で鎖骨下動脈の起始部が閉塞すると、反対側の椎骨動脈から閉塞した末梢側に血液が逆流し、脳血流が減少します。

閉塞側の上肢を動かすと、めまい・失神、視力障害が誘発されます。また、上肢・下肢に血流が届かなくなり(脈なし病)、手足が冷たく、しびれたりします。

動脈硬化のない若い女性では、自己免疫性甲状腺疾患(橋本病バセドウ病)に合併する大動脈炎症候群(脈なし病、高安動脈炎)の可能性あり。

甲状腺腫瘍、甲状腺がんの頸部リンパ節転移で、めまい・ふらつき・失神(頸動脈洞症候群)

日本心臓財団

甲状腺腫瘍甲状腺がんの頸部リンパ節転移で、頸動脈洞が圧排されると、めまい・ふらつき・失神が起きる事があります(頸動脈洞症候群)。

頸動脈洞に存在する圧受容器(頸動脈小体)が圧迫されると、舌咽神経を介し、延髄弧束核→迷走神経背側核・疑核・延髄橋網様体に刺激が伝わり、迷走神経心臓枝が心臓のリズムを作る(日本心臓財団 HP改変)

頸動脈洞症候群

甲状腺腫瘍甲状腺がんの頸部リンパ節転移が頸動脈洞をが圧排。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら