検索

甲状腺と神経内科(パーキンソン病,多系統萎縮症,本態性振戦,手根管症候群) [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコーの長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

本態性振戦

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

Summary

甲状腺(甲状腺機能亢進症/バセドウ病,甲状腺機能低下症/橋本病),先端巨大症と神経内科疾患[パーキンソン病,アテトーゼ不随意運動,多系統萎縮症,セレジスト®(タルチレリン;TRHアナログ),本態性振戦,手根管症候群,肘部管症候群]を解説します。

甲状腺と神経内科(パーキンソン病,多系統萎縮症,本態性振戦,手根管症候群

甲状腺とパーキンソン病

甲状腺とパーキンソン病

  1. 甲状腺機能低下症は動作・脳の活動が緩慢になり、パーキンソン病の仮面様顔貌・仮性痴呆・すくみ足に類似
  2. 甲状腺機能低下症バセドウ病/甲状腺機能亢進症のうつ症状・神経症症状はパーキンソン病でもあり
  3. パーキンソン病の手のふるえは安静時振戦・re-emergent tremor(手を挙上してから短時間で出現する振戦)です。本態性振戦、甲状腺機能亢進症に伴う振戦は、手を伸ばした時などに生じる姿勢時振戦です。
  4. REM睡眠行動異常症(睡眠中に大声・大きく手足をバタつかせる)はパーキンソン病の早期に出現。甲状腺機能低下症バセドウ病/甲状腺機能亢進症と異なります。
  5. パーキンソン病の自律神経障害として便秘が多く、甲状腺機能低下症と同じ
甲状腺とパーキンソン病

ドパミントランスポーターシンチ(ダットスキャン®)

ドパミントランスポーターシンチ(ダットスキャン®)が、

  1. シナプス前ドパミン障害があるパーキンソン症候群(パーキンソン病・進行性核上性麻痺・パーキンソニズムのある多系統萎縮症・大脳皮質基底核変性症)の早期診断
  2. シナプス前ドパミン障害がないパーキンソン症候群(薬剤性パーキンソニズム・正常圧水頭症・本態性振戦)との鑑
  3. レビー小体型認知症とアルツハイマー型認知症の鑑別

に保険適応が認められています。※長崎甲状腺クリニック(大阪)では扱っていません、神経内科専門病院をお探しください。

パーキンソン病のくすり

従来の麦角アルカロイド、ブロモクリプチンやガベルゴリン(プロラクチン産生下垂体腺腫成長ホルモン産生下垂体腺腫にも使用)はD1,D2受容体刺激作用でしたが、非麦角アルカロイド(ペキソール系)はD2受容体刺激作用のみのものがあります。レストレスレッグ(むずむず脚)症候群の第一選択薬の非麦角アルカロイドもあります。

副作用は、突発性睡眠・下腿浮腫(甲状腺機能低下症のよう)・姿勢制御異常・衝動行動異常(バセドウ病/甲状腺機能亢進症でも)

甲状腺機能亢進症/バセドウ病のアテトーゼ不随意運動

甲状腺機能亢進症/バセドウ病のアテトーゼ不随意運動

アテトーゼ(athetosis)は自分の意志に反して運動を行う不随意運動の一つ。ゆっくりとねじるような運動が特徴的。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病のアテトーゼ不随意運動は、数年に1回、どこかの施設が日本甲状腺学会で発表しています甲状腺機能亢進症/バセドウ病が原因とは判らず(甲状腺専門医でも知らないヒトが結構いるのに、精神科医・神経内科医が知っているはずもないのですが・・・)、ほとんどが精神科医・神経内科で治療されています。しかし、神経内科的な異常所見無く、脳MRIも正常なので(原因が甲状腺なんだから当然ですが)、神経内科医も「おかしい。」と思いながら治療するそうです。

通常、甲状腺機能亢進症/バセドウ病を治療し、甲状腺ホルモンが正常化するとアテトーゼ不随意運動も軽快しますが、改善しない事もあるようです。(第58回 日本甲状腺学会 P1-2-3 バセドウ病で内服治療中、舞踏様の不随意運動で入院となった一例)

甲状腺機能亢進症/バセドウ病の舞踏病様の不随意運動・バリスムス

必ずしもアテトーゼ不随意運動とは限らず、舞踏病様の不随意運動・バリスムスの事もあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病が原因なので、舞踏病様の不随意運動に見られる脳MRIの尾状核の萎縮、側脳室の拡大も無く、神経内科医も首を傾げます。(第55回 日本甲状腺学会 P1-01-06 舞踏様の不随意運動の出現を契機に発見されたバセドウ病の一例)

舞踏病:筋肉群が不規則,不随意,かつ無目的な運動をすることです。四肢と顔で最も顕著で,四肢の舞踏運動と同時に、口唇の歪め運動が多い。躯幹にも現れます。 
バリスムス:急速かつ粗大で持続的に起こり、体幹の近い部分で強く起こる上下肢全体を投げだす・振り回すような大きい不随意運動です。

本物のハンチントン舞踏病

ハンチントン舞踏病 MRI画像

本物のハンチントン舞踏病は、常染色体優性遺伝で家系内に同様の者がいます。

  1. 舞踏様不随意運動
  2. 抑うつなど精神症状:甲状腺機能亢進症/バセドウ病と同じく、イライラして、落ち着きがなく、怒りやすい、情緒不安定、うつ状態・自殺企図
  3. 行動変化・性格変化:甲状腺機能亢進症/バセドウ病の精神症状でも起こり得る社会的良識を欠いた行動、
  4. 認知症:記銘力低下、判断力低下、学習機能低下

などを起こします。MRIで尾状核の萎縮と側脳室前角の拡大が認められるのが特徴。

多系統萎縮症と甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン誘導体;TRHアナログ

多系統萎縮症 MRI画像

脊髄小脳変性症の1型(孤発性)で

  1. 小脳症状主体のオリーブ橋小脳萎縮症:患側向き方向固定性水平性眼振
  2. 起立性低血圧、排尿障害(過活動性膀胱および排尿困難で泌尿器科を先に受診すること多い)、甲状腺腫瘍・甲状腺癌・巨大甲状腺腫による上気道閉塞甲状腺機能低下症先端巨大症がないのに睡眠時無呼吸(喉頭喘鳴)など自律神経症状主体のシャイ・ドレーガー症候群
  3. 甲状腺機能低下症の様に動作緩慢、小刻み歩行、姿勢反射障害などのパーキンソン症状を主体の線条体黒質変性症

があります。運動失調に対し、セレジスト®(タルチレリン)(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン誘導体;TRHアナログ)が使われます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と本態性振戦

姿勢振戦(ふるえ):腕を前方に伸ばし指を開いたり、コップをとるときに生じる振戦。甲状腺機能亢進症振戦、本態性振戦、慢性アルコール中毒振戦は姿勢時振戦です。

本態性振戦

本態性振戦

常染色体優性遺伝。緊張/カフェインで増悪、アルコール/鎮静剤で軽減。アルファベータ遮断薬の「アロチノロール」(アルマール®)が保険適応です。

パーキンソン病は安静時振戦

パーキンソン病は安静時振戦ですが、甲状腺機能亢進症振戦をパーキンソン病と間違えてl-ドーパ投与すると、甲状腺機能亢進症振戦は増悪します。

甲状腺機能低下症と手根管症候群

甲状腺機能低下症と手根管症候群

手根管症候群

中年以降の女性に多く、甲状腺機能低下症先端巨大症(成長ホルモンの過剰、成長ホルモン産生下垂体腺腫)アミロイドーシス糖尿病関節リウマチ(滑膜炎による肉芽で)では手首(手根管)で正中神経が圧迫され、痛み(夜中/明け方、手がしびれて目が覚める)や手首の脱力がおこります。親指と隣接する指3本に強く現れます。手のひらの感覚は手根管を通らないので、しびれても感覚低下しません。甲状腺機能低下症で粘液多糖類が蓄積し浮腫になり、圧迫がおこります。

ティネル徴候(手首の中央を軽くたたくと、親指からくすり指にかけてしびれが走る)、ファーレン徴候(胸の前で、手の甲と手の甲を合わせると、手のしびれが強まる)陽性

肘部管症候群

肘部管症候群は小指と薬指の感覚と、筋肉を支配する尺骨(しゃっこつ)神経が、肘の内側の肘部管で圧迫され生じます。 小指と薬指のしびれと麻痺がおこります。甲状腺機能低下症が原因の発症は皆無ですが、糖尿病では関節変形が進むのであり得ると思います。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療      長崎クリニック(大阪)

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード