検索

甲状腺と頭痛            [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲Joう君 長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)ゆるキャラ Jo君 動脈硬化した血管に甲状腺が!バセドウ病の甲状腺がモデル)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。頭痛 自体の診療は行っておりません。

Summary

甲状腺機能低下症の頭痛は①甲状腺機能低下症筋症②疲労物質の分解障害による筋肉疲労・肩こり。鎮痛薬効かず、薬物乱用頭痛になる事も。甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症の頭痛は血中のマグネシウム・ビタミンB2濃度低下による。③抗甲状腺薬によるANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群の事あり、片頭痛と鑑別要。片頭痛は、生理前のエストロゲン減少期などに、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮・太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきます。くも膜下出血と甲状腺クリーゼ共に、極めて死亡率の高く、2つ同時に合併すると救命難。

Keywords

甲状腺機能低下症,頭痛,甲状腺機能亢進症,バセドウ病,マグネシウム,ビタミンB2,片頭痛,セロトニン,くも膜下出血,甲状腺クリーゼ

甲状腺機能低下症と頭痛

甲状腺機能低下症の頭痛は①甲状腺機能低下症筋症(甲状腺機能低下症性ミオパシー)②疲労物質の分解障害による筋肉疲労・肩こり。鎮痛薬効かず、薬物乱用頭痛になる事も。甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)により甲状腺機能正常化すれば改善しやすい。片頭痛は、生理前のエストロゲン減少期などに、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮・太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきる。トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑える。狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険あると禁忌。

甲状腺機能低下症,頭痛,ミオパシー,片頭痛,エストロゲン,セロトニン,トリプタン,甲状腺,脳梗塞,長崎甲状腺クリニック

甲状腺機能低下症で、頭の両側が重くなる頭痛に、消炎鎮痛剤はあまり効果ありません。甲状腺機能低下症の人は、毎日鎮痛薬を飲んで薬物乱用頭痛になることあります。甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)により甲状腺機能正常化すれば改善しやすいとされます。

甲状腺機能低下症で頭痛がおこる機序として、

  1. 甲状腺機能低下症筋症甲状腺機能低下症性ミオパシー
  2. 疲労物質が筋肉内に蓄積しても代謝分解できず、筋肉疲労・肩こり

が考えられます。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と頭痛

甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症の頭痛は①血中マグネシウム・ビタミンB2濃度低下で片頭痛が悪化②抗甲状腺薬によるANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群③脳静脈洞血栓④くも膜下出血(収縮期高血圧等による脳動脈瘤の破裂、もやもや病の血管が破綻、静脈洞血栓症で静脈圧が上昇、ANCA関連脳血管炎)の事あり。くも膜下出血と甲状腺クリーゼ共に、極めて死亡率が高く、合併すると救命難。患者本人は意識障害あるため、頭痛の症状を医師に伝えられず、くも膜下出血を見逃す可能性あり。くも膜下出血は洞性徐脈・ST異常・T波異常・QT延長なので、頻脈は稀。

甲状腺機能亢進症,バセドウ病,甲状腺中毒症,頭痛,マグネシウム,ビタミンB2,片頭痛,ANCA関連脳血管炎,脳静脈洞血栓,くも膜下出血

低マグネシウム血症・ビタミンB2欠乏

甲状腺機能亢進症/バセドウ病甲状腺中毒症では代謝亢進により血中のマグネシウム・ビタミンB2濃度が低下し、片頭痛が悪化することあります。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の片頭痛はマグネシウム・ビタミンB2を予防投与。

頭痛外来を受診される方の約8%は、甲状腺中毒症であり、血中マグネシウム濃度が低かったとする報告があります。(第54回 日本甲状腺学会 P076 片頭痛にて発見された甲状腺中毒症)

ANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群

非常にまれですが、激しい頭痛と、その後の全身性強直性けいれん・けいれん後不穏起こし、MRIで異常なく、MRAでびまん性の脳血管狭窄認めます。このような場合、バセドウ病/甲状腺機能亢進症の治療薬、抗甲状腺薬(メルカゾール、プロパジール、チウラジール)によるANCA関連脳血管炎・可逆性脳血管攣縮症候群の事あり、片頭痛と鑑別を要します。(第55回 日本甲状腺学会 P1-02-05 出産後にバセドウ病を発症しプロピオチオウラシル(PTU)で加療を開始後に可逆性脳血管攣縮症候群(RCVS)を合併した一例)

( MPO-ANCAと甲状腺 )

バセドウ病/甲状腺機能亢進症による脳静脈洞血栓で頭痛

片頭痛

片頭痛とは

偏頭痛と甲状腺

片頭痛は、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮・太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきます。

甲状腺の病気と同じく女性(特に低血圧の女性)に多く、生理前にエストロゲンが減少すると、血中のセロトニンも減少し片頭痛おこしやすくなります。

運動、咳、入浴、飲酒など日常的動作で痛みが助長、体動による頭痛の増悪は片頭痛の診断基準です。

片頭痛の治療

トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑えます。

また、片頭痛のほか群発頭痛にも有効です。

トリプタン系薬剤の禁忌

甲状腺機能低下症糖尿病動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険がある場合、血管を収縮させるトリプタン系薬剤は禁忌です。

  1. 片麻痺型片頭痛
  2. 狭心症/心筋梗塞
  3. 脳梗塞一過性脳虚血発作
  4. コントロール不能高血圧
  5. 閉塞性動脈硬化症

には禁忌です。

片頭痛予防薬

  1. 非選択性β遮断薬(プロプラノロールなど):甲状腺機能亢進症/バセドウ病で昔よく使われましたが、血管拡張を妨げるため現在あまり使われません。しかし、血管拡張を妨げる作用が片頭痛予防になります。
  2. 抗てんかん薬(バルプロ酸・トピラマート)
  3. 抗うつ薬(アミトリプチリン)セロトニン代謝を改善
  4. ピペラジン系カルシウム拮抗薬(ロメリジン)脳血管選択的血管収縮抑制
  5. アンギオテンシン変換酵素( ACE )阻害薬,アンギオテンシンⅡ受容体遮断薬( ARB )

片頭痛で脳梗塞に

片頭痛自体、片頭痛治療薬のトリプタン系薬剤も脳梗塞の発症の危険因子です(J Headache Pain. 2016 Dec;17(1):108.)。片頭痛と言えど軽く見てはいけません。

甲状腺機能亢進症/バセドウ病と、くも膜下出血

脳は外側から硬膜、くも膜、軟膜の3枚膜で覆われ、くも膜下出血はくも膜と軟膜の間の出血です。くも膜下出血は事故などによる外傷性と非外傷性があり、非外傷性の約80%は脳動脈瘤の破裂です。しかし、甲状腺機能亢進症/バセドウ病の、くも膜下出血は、

  1. 脳動脈瘤の破裂による場合(偶然合併し、収縮期高血圧等が関与)
  2. もやもや病の血管が破綻する場合
  3. 静脈洞血栓症(静脈洞閉塞が急速進行すると、静脈圧が上昇し、くも膜下出血おこす)
  4. ANCA関連脳血管炎

が考えられます。

くも膜下出血

くも膜下出血の症状は、

  1. ハンマーで殴られるような突然の激痛(ハンマー殴打痛)
  2. おシン、嘔吐
  3. 意識障害

くも膜下出血の診断は、頭部単純CTで、出血はヘモグロビンのCT値が高いため(高輝度)、白く見えます。発症後24時間以内のCT感度は93%ですが、時間が経ち、血液が脳脊髄液で希釈されるとCT値が低下し、高輝度は消失します。5%の、くも膜下出血はCTで診断難とされますが、脳溝が消失すれば非常に疑わしいです。

甲状腺クリーゼを合併した、くも膜下出血

初診時に甲状腺クリーゼを合併した、くも膜下出血の1例が報告されています。49歳女性で、頭痛後の不穏状態にて救急搬送、意識障害に加え、頻脈、発熱、異常発汗、眼球突出、甲状腺腫大を認め、甲状腺機能亢進症/バセドウ病による甲状腺クリーゼの診断は容易だったようです。(脳卒中 2017 年 39 巻 6 号 p. 451-455) 

問題は、患者本人は意識障害あるため、頭痛の症状を正確に医師に伝えられないので、甲状腺クリーゼと高をくくってしまえば、くも膜下出血を見逃してしまうかもしれません(家族が、数日前からの後頭部痛を伝えたので無事診断できたが、独居者だったら診断できなかったでしょう)。

逆に、甲状腺が専門でない脳外科医が、先に、くも膜下出血を見つけ、甲状腺クリーゼに気付かないかもしれません。しかし、くも膜下出血では90%以上で心電図異常を認め、洞性徐脈・ST異常・T波異常・QT延長が主ですが頻脈は稀です(Stroke 20: 1162–1167, 1989)。

感心なのは、「意識障害あれば必ず緊急でCTを撮影する」原則を忘れなかった事です。

報告例は、甲状腺クリーゼの治療を優先して行い、改善後にくも膜下出血手術を行い、転帰は良好だったとの事です。もし、くも膜下出血の診断ですぐ早期手術を行えば、手術侵襲のストレスで甲状腺ク リーゼが悪化して致死的な経過が予想されます。

甲状腺クリーゼ

  1. 未治療の場合の致死率 50~90%
  2. 適切な治療が行われた場合でも10%以上(Thyroid 22: 661–679, 2012)

破裂脳動脈瘤によるくも膜下出血も再出血(再破裂)による致死率が約20%と極めて高く、初回破裂後6時間以内が最も多いため早期手術が標準治療です(J Neurosurg 79: 373–378, 1993)。しかし、甲状腺クリーゼが解除されない限り、手術は超危険です。

くも膜下出血と甲状腺クリーゼ共に、極めて死亡率の高い2つを同時に合併し、救命し得た成功例です。

下垂体卒中

下垂体卒中

  1. TSH産生下垂体腺腫原発性甲状腺機能低下症に伴う下垂体過形成にTRH負荷試験を行った場合
  2. 機能性(ホルモン産生性)下垂体腺腫非機能性(ホルモン非産生性)下垂体腺腫に各種負荷試験を行った場合
  3. 中枢性甲状腺機能低下症の原因であるラトケのう胞内に出血

などに起こります。教科書的な雷鳴頭痛(生涯で最大の頭痛)とは限らず、軽微な下垂体卒中を、ちびりちびり起こす事により、数年~十数年間、軽い頭痛を繰り返す場合があります(minor stroke)。ある時、頭痛が頻繁に起こるようになり(もちろん激痛ではありません)、CT、MRI撮って初めて下垂体卒中が見つかる事あります。

詳しくは、内分泌エマージェンシー下垂体卒中 を御覧下さい。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら