検索

甲状腺機能低下症と頭痛            [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見②甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲Joう君 長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)ゆるキャラ Jo君 動脈硬化した血管に甲状腺が!バセドウ病の甲状腺がモデル)

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。頭痛、くも膜下出血、動脈瘤 自体の診療は行っておりません。

甲状腺機能低下症と頭痛

Summary

甲状腺機能低下症の頭痛は①甲状腺機能低下症筋症(甲状腺機能低下症性ミオパシー)②疲労物質の分解障害による筋肉疲労・肩こり。鎮痛薬効かず、薬物乱用頭痛になる事も。甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)により甲状腺機能正常化すれば改善しやすい。片頭痛は、生理前のエストロゲン減少期などに、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮・太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきる。トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑える。狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険あると禁忌。

Keywords

甲状腺機能低下症,頭痛,ミオパシー,片頭痛,エストロゲン,セロトニン,トリプタン,甲状腺,脳脊髄液減少症,低髄液圧症候群

甲状腺機能低下症で、頭の両側が重くなる頭痛に、消炎鎮痛剤はあまり効果ありません。甲状腺機能低下症の人は、毎日鎮痛薬を飲んで薬物乱用頭痛になることあります。甲状腺ホルモン剤(チラーヂン)により甲状腺機能正常化すれば改善しやすいとされます。

甲状腺機能低下症で頭痛がおこる機序として、

  1. 甲状腺機能低下症筋症甲状腺機能低下症性ミオパシー
  2. 疲労物質が筋肉内に蓄積しても代謝分解できず、筋肉疲労・肩こり

が考えられます。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)で頭痛と中枢性甲状腺機能低下症

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)は、 脳と脊髄の周りを満たす髄液が少なくなり、起こる病気です。(図 MedicalNoteより)

硬膜(脳を包む膜の一つ)が、

  1. 交通事故・スポーツ時の接触プレーによる頭部打撲・むち打ち
  2. 手術時の腰椎麻酔

などで損傷され、髄液が漏れ出し、少なくなるのが原因です。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)MedicalNoteより

脳MRIによる画像診断は、

  1. 造影MRIのびまん性硬膜増強効果
  2. 脳下垂
  3. 硬膜下腔/くも膜下腔の拡大
  4. 硬膜下血腫
  5. 脳室狭小化
  6. 下垂体腫大
  7. 頭蓋内静脈、静脈洞拡張

などです。(写真 MedicalNoteより)

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)造影MRI画像

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)で頭痛・めまい・首の痛み・耳鳴り・難聴・視力低下・全身倦怠感(体がだるい)が起こります。

これらの症状は、立位の重力下で脳脊髄液が下がり、最上部に位置する脳の脳脊髄液が不足し、硬膜(脳を包む膜の一つ)がへしゃげて脳を圧迫するのが原因とされます。そのため、臥位(寝ころんだ姿勢)が楽で、怠け病、引きこもり、不登校と間違われる事があります。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)で頭痛と中枢性甲状腺機能低下症

脳脊髄液減症(低髄液圧症候群)は内分泌障害を伴う事があり、性ホルモン低下による無月経、性欲減退、インポテンツ(中枢性性低ゴナドトロピン性腺機能低下症)が多いです。中枢性甲状腺機能低下症中枢性副腎皮質機能低下症尿崩症の事もあります。

また、脳脊髄液減症(低髄液圧症候群)は重度の全身倦怠感(体がだるい)を伴うのが特徴で、慢性疲労症候群と間違って診断される事が多くあります。全身倦怠感おこす原因は不明ですが、前頭前野-視床下部-大脳辺縁系の機能低下との説が有力で、視床下部の機能低下は、中枢性性低ゴナドトロピン性腺機能低下症中枢性甲状腺機能低下症中枢性副腎皮質機能低下症尿崩症に直結し全身倦怠感を悪化させている可能性があります。

自己免疫性甲状腺疾患が髄液圧低下に影響する証拠はありません。因果関係不明ですが甲状腺機能正常橋本病に脳脊髄液減症(低髄液圧症候群)を合併した報告があります(Medicine (Baltimore). 2019 May;98(18):e15476.)。

脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)の治療

最近では、硬膜の破れ目に自分の血液を注入してカサブタを作り塞いでしまう硬膜外自家血注入療法(ブラッドパッチ療法)を行っている施設があります。

片頭痛

片頭痛とは

偏頭痛と甲状腺

片頭痛は、分泌されたセロトニンが代謝され減少すると、細い血管が収縮・太い血管が拡張し、その反動で片頭痛がおきます。

甲状腺の病気と同じく女性(特に低血圧の女性)に多く、生理前にエストロゲンが減少すると、血中のセロトニンも減少し片頭痛おこしやすくなります。

運動、咳、入浴、飲酒など日常的動作で痛みが助長、体動による頭痛の増悪は片頭痛の診断基準です。

片頭痛の治療

トリプタン系薬剤はセロトニン−1(5-HT1)受容体作動薬で、過度に拡張した脳血管平滑筋を収縮させ、硬膜血管周囲三叉神経終末抑制し、片頭痛発作を抑えます。

また、片頭痛のほか群発頭痛にも有効です。

トリプタン系薬剤の禁忌

甲状腺機能低下症糖尿病動脈硬化が進行し、狭心症/心筋梗塞、脳梗塞の危険がある場合、血管を収縮させるトリプタン系薬剤は禁忌です。

  1. 片麻痺型片頭痛
  2. 狭心症/心筋梗塞
  3. 脳梗塞一過性脳虚血発作
  4. コントロール不能高血圧
  5. 閉塞性動脈硬化症

には禁忌です。

片頭痛予防薬

  1. 非選択性β遮断薬(プロプラノロールなど):甲状腺機能亢進症/バセドウ病で昔よく使われましたが、血管拡張を妨げるため現在あまり使われません。しかし、血管拡張を妨げる作用が片頭痛予防になります。
  2. 抗てんかん薬(バルプロ酸・トピラマート)
  3. 抗うつ薬(アミトリプチリン)セロトニン代謝を改善
  4. ピペラジン系カルシウム拮抗薬(ロメリジン)脳血管選択的血管収縮抑制
  5. アンギオテンシン変換酵素( ACE )阻害薬,アンギオテンシンⅡ受容体遮断薬( ARB )

片頭痛で脳梗塞に

片頭痛自体、片頭痛治療薬のトリプタン系薬剤も脳梗塞の発症の危険因子です(J Headache Pain. 2016 Dec;17(1):108.)。片頭痛と言えど軽く見てはいけません。

下垂体卒中

下垂体卒中

  1. TSH産生下垂体腺腫原発性甲状腺機能低下症に伴う下垂体過形成にTRH負荷試験を行った場合
  2. 機能性(ホルモン産生性)下垂体腺腫非機能性(ホルモン非産生性)下垂体腺腫に各種負荷試験を行った場合
  3. 中枢性甲状腺機能低下症の原因であるラトケのう胞内に出血

などに起こります。教科書的な雷鳴頭痛(生涯で最大の頭痛)とは限らず、軽微な下垂体卒中を、ちびりちびり起こす事により、数年~十数年間、軽い頭痛を繰り返す場合があります(minor stroke)。ある時、頭痛が頻繁に起こるようになり(もちろん激痛ではありません)、CT、MRI撮って初めて下垂体卒中が見つかる事あります。

詳しくは、内分泌エマージェンシー下垂体卒中 を御覧下さい。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療   長崎甲状腺クリニック(大阪)

長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市,生野区,天王寺区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら