検索

サルコペニア/サルコペニア肥満症・フレイル     [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 動脈硬化 甲状腺超音波(エコー)検査 長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:専門の検査/治療/知見② 橋本病 バセドウ病 専門医 長崎甲状腺クリニック(大阪)

サルコペニア肥満と甲状腺

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)院長が海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編   内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等   糖尿病編 をクリックください

長崎甲状腺クリニック(大阪)は、甲状腺専門クリニックです。サルコペニア/サルコペニア肥満症・フレイルの治療は行っておりません。

Summary

サルコペニアは筋肉量減少による身体機能低下で、甲状腺機能低下症のようなADL低下、基礎代謝低下、疲労、サルコペニア肥満、骨粗しょう症おこす。副腎皮質機能低下症成人成長ホルモン分泌不全症男性更年期障害は2次性サルコペニア。加齢で骨格筋細胞のcAMP産生能低下→2型ヨードサイロニン脱ヨード酵素(DIO2)活性化減弱、甲状腺ホルモン作用弱まり糖・脂肪分解のエネルギー代謝低下。また、甲状腺ホルモン低下自体がサルコペニアの進行に関与の可能性。高齢者の筋力や活動が低下している状態(虚弱)を「フレイル(Frailty)」と言う。

Keywords

サルコペニア,筋肉量減少,肥満,骨粗しょう症,副腎皮質機能低下症,成人成長ホルモン分泌不全症,男性更年期障害,甲状腺ホルモン,甲状腺,サルコペニア肥満症

サルコペニア/サルコペニア肥満症

サルコペニアと内分泌

サルコペニア肥満と甲状腺

サルコペニアは、筋肉量の減少、筋肉量減少による身体機能の低下です。筋肉量が一定レベルを超えて減少すると、筋力も低下し、

  1. ADL(activities of daily living:日常生活動作)が低下(歩行速度が遅い、握力低下)(甲状腺機能低下症の様)
     
  2. 運動量が減れば骨が悪くなる→骨粗しょう症
     
  3. 骨格筋での糖代謝が減る事により、全身の代謝率(基礎代謝)が低下し、疲労、冷え性、食欲不振、肥満(サルコペニア肥満症)甲状腺機能低下症の様)
     
  4. 不眠症(入眠困難、中途覚醒など)

などを引き起こします。

  1. 副腎皮質機能低下症 (2次性サルコペニア)
  2. 成人成長ホルモン分泌不全症 (2次性サルコペニア)
  3. 男性更年期障害 (2次性サルコペニア)

の可能性があり、

サルコペニアの原因

サルコペニアの原因は、

  1. 加齢(血清ホルモン値の変化、ミトコンドリア機能不全、細胞障害の蓄積, 軽度の慢性炎症)(Trends Endocrinol Metab. 2014 Apr; 25(4):212-23.)
     
  2. 運動不足(身体活動度の低下)
  3. 栄養障害・過度のダイエット(特に筋肉たんぱく質の合成を促進する分枝鎖アミノ酸の不足)
  4. ビタミンD欠乏、代償性の副甲状腺ホルモン上昇
  5. インスリン抵抗性・糖尿病(筋肉たんぱく質の合成が阻害され、分解亢進)
  6. 酸化ストレス、炎症(TNF-α,IL-6上昇) ;(筋肉たんぱく質の分解亢進、インスリン抵抗性増大)
  7. 内分泌疾患(上記;成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、男性ホルモン不足)

などの複合的な要因が重なる事です。

(図、日老医誌 2015;52:343―349)

サルコペニア

サルコペニアと甲状腺

骨格筋内で2型ヨードサイロニン脱ヨード酵素(DIO2)により、甲状腺ホルモンFT4(遊離サイロキシン)のヨードが一つ外れ、ホルモン作用が強いFT3(遊離トリヨードサイロニン)に変換され、糖・脂肪分解のエネルギー代謝が促進されます。(2型甲状腺ホルモン脱ヨード酵素(DIO2)と耐糖能障害 )

加齢により骨格筋細胞のミトコンドリア機能とATP→cAMP産生能が低下します(Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Apr 12; 102(15):5618-23.)。2型ヨードサイロニン脱ヨード酵素(DIO2)は、骨格筋細胞内cAMPの増加により活性化されるため、加齢により骨格筋内の甲状腺ホルモン作用は減弱します。

また、甲状腺ホルモンの低下自体がサルコペニアの進行に関与している可能性があります。

  1. 甲状腺ホルモンは、反応遅い筋繊維を反応速い筋繊維へ移行させる働きがある(Thyroid. 2008 Feb; 18(2):205-16.)
  2. 潜在性甲状腺機能低下症では、筋力と筋断面積が低下し、治療後に改善されます(Thyroid. 2006 Apr;16(4):375-80.)

サルコペニアの予防と治療

生活習慣や加齢など病気以外が原因のサルコペニアは「筋肉量を増やすトレーニング」によって解消することができます。

  1. 10回で筋肉の限界が来て、それ以上できない運動を10回(1セット) x 3セット(2セット目以降は負荷を下げても良い)
     
  2. 48~72時間(2日~3日)休んで(この間に筋肉が増えます)、2~3回/週おこないます。

筆者は、この運動をして腰を痛めました。こんな事するより、日常的によく動き、バランスの良い食事をする方が、はるかに需要だと思います。

フレイル

高齢者の筋力や活動が低下している状態(虚弱)を「フレイル(Frailty)」といいます。フレイル(虚弱)には筋力・移動能力・認知機能・栄養状態など広範な要素が含まれます。

フレイル(虚弱)にはサルコペニアの原因となる病気が含まれ、サルコペニアと鑑別が必要な病気とも鑑別が必要です。

甲状腺関連の上記以外の検査・治療    長崎甲状腺クリニック(大阪)


長崎甲状腺クリニック(大阪)とは

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 大阪メトロ 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら