検索

橋本病とバセドウ病は入れ替わる---元は同じ自己免疫性甲状腺疾患   [甲状腺 専門医 橋本病 バセドウ病 甲状腺エコーの長崎甲状腺クリニック(大阪)]

甲状腺:最新・専門の検査/治療/知見④甲状腺専門医 橋本病 バセドウ病 長崎クリニック(大阪)

甲状腺の、長崎甲状腺クリニック(大阪市東住吉区)でしかできない検査/治療・当院ホームページでしか得られない情報が満載です。これらは、院長が最新の海外論文に眼を通して得たもの、院長自身が大阪市立大学 代謝内分泌内科で行った研究、甲状腺学会で入手した知見です。

甲状腺・動脈硬化・内分泌代謝・糖尿病に御用の方は 甲状腺編    動脈硬化編  内分泌代謝(副甲状腺/副腎/下垂体/妊娠・不妊等  糖尿病編 をクリックください

大阪市立大学 外来 4診

甲状腺の病気は一見、首だけのローカルな病気と誤解されますが、実は全身に影響し、他臓器の病気にかかわることが多いのです。

←昔、大阪市立大学 附属病院で外来していた時は4診でした。

Summary

橋本病バセドウ病は入れ替わる---元は同じ自己免疫性です。橋本病(慢性甲状腺炎)の2.2%が、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に移行。出産後甲状腺炎・喫煙が関与。甲状腺機能亢進症/バセドウ病の12.2%は橋本病(慢性甲状腺炎)からの移行です。Th1優位は橋本病Th2優位はバセドウ病Th1/Th2比が逆転すれば、橋本病バセドウ病が入れ替わります。橋本病ではTh1/Th2が大きい程、甲状腺機能低下症になりやすい。また、無痛性甲状腺炎が、橋本病の亜急性増悪です。萎縮性甲状腺炎バセドウ病の別経路です。

橋本病とバセドウ病は入れ替わる---元は同じ自己免疫性甲状腺疾患

上條甲状腺クリニックの統計では、

  1. 橋本病(慢性甲状腺炎)の2.2%が、甲状腺機能亢進症/バセドウ病に移行
    30歳代・50歳代に2相性ピークがあり、出産後甲状腺炎・喫煙が関与するとされます。
  2. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病の12.2%は橋本病(慢性甲状腺炎)からの移行です。

リンパ球には、T細胞と、抗体(免疫グロブリン)を産生するB細胞があります。

T細胞には、単球・マクロファージから抗原を提示され、免疫反応を調節するヘルパーT細胞と、ウイルス感染細胞などを傷害するキラーT細胞があります。

ヘルパーT細胞には、Th1細胞(細胞性免疫)Th2細胞[液性免疫:免疫グロブリン(TSH受容体抗体:TRAb)による]があり、どちらが優位になるかで、橋本病バセドウ病いずれになるか決まります。

Th1優位になれば橋本病Th2優位になればバセドウ病になります。同一人物でもTh1/Th2比が逆転すれば、橋本病バセドウ病が入れ替わるのです。

橋本病ではTh1/Th2が大きい程、甲状腺機能低下症になりやすいとされます。

Th1/Th2(IFN−γ×IL−4/CD4):保険適応外。受付曜日:月〜金の午前。休日の前日は受付できません。

また図より、

  1. 無痛性甲状腺炎が、橋本病の亜急性増悪
  2. 萎縮性甲状腺炎バセドウ病の別経路であるのがわかります。

さらに、簡単に測れませんが、バセドウ病ではインターロイキン6によるTh17(インターロイキン17を産生するT細胞)増加, Treg(制御性T細胞)の減少が関与するとの報告があります。これは、アレルギーの機序と類似で、アレルギーがバセドウ病の再発に強く関連することを示唆します。

HLA-DRのアミノ酸変化がバセドウ病橋本病の道を分ける

組織適合性抗原HLA-DRのアミノ酸が変化する(HLA-DRのアミノ酸多型)ことで、バセドウ病橋本病いずれになるか決まるという報告もあります(J Autoimmun. 2008;30(1-2):58–62.)。(ついに甲状腺にもHLA遺伝子診断)

海外から日本へ来る甲状腺患者さん

海外では日本と甲状腺薬の規格が異なることがあります。海外から日本へ中/長期滞在のため来られ、滞在中に薬が切れ、長崎甲状腺クリニック(大阪)へ来られる場合があります。

  1. 甲状腺機能亢進症/バセドウ病
  2. 甲状腺機能低下症
  3. 危険な甲状腺ホルモン剤の使用:ダイエット目的で

甲状腺機能亢進症/バセドウ病

日本では甲状腺機能亢進症/バセドウ病治療薬はメルカゾール(MMI)ですが、ヨーロッパでは広くカルビマゾール(CMZ)が使われています。カルビマゾールは肝臓で代謝され、40%が遊離分解した後に活性型のメルカゾールに変化します。よって、同じミリ数なら、カルビマゾールはメルカゾールの60%の強さしかないことになります。

甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症の治療薬、甲状腺ホルモン剤[レボチロキシン(チラーヂンS)]は海外ではLevothyroxine sodium hydrate として存在します。これは世界共通で、容量も同じです。

危険な甲状腺ホルモン剤の使用:ダイエット目的で

海外では、医師の処方があるのか、無いのか判らない程簡単に(実際、処方なくても薬局で簡単に手に入るようです)甲状腺ホルモン剤が手に入ります。甲状腺ホルモン剤は、心臓・血管他、全身臓器に直接/間接的に作用するため、一歩使用方法を誤ると命に関わる重大な事態を招きます。例えば、過剰に飲めば人工的な甲状腺機能亢進症を作り出し、致死性不整脈・突然死・甲状腺クリーゼの危険が生じます。素人が自己調整して良い薬ではありません。

さらに悪いのは、薬局で簡単に手に入るのを良いことに、(甲状腺の病気でもないのに)甲状腺ホルモン剤をダイエット目的で飲む外国人がいる事です。(日本では、医師の管理の元でしか入手できないため、あり得ない話です。)しかも、活性型の一段階前のT4製剤(レボチロキシン;Levothyroxine sodium hydrate)ではなく、すでに活性型で直接、急速に心臓を刺激するT3製剤リオチロニンナトリウム(甲状腺専門医ですら、粘液水腫性昏睡など余程の事が無ければ使用しない)の事があります。

例え致死性不整脈・突然死・甲状腺クリーゼ免れても、過剰な甲状腺ホルモン剤が脳下垂体に抑制を掛けTSH(甲状腺刺激ホルモン)が一時的に合成・分泌できない状態になります。さらに、甲状腺自体も廃用萎縮し、ホルモン合成能力を失います。ここでいきなり甲状腺ホルモン剤を中止すると、甲状腺機能低下症の状態になります。

(第55回 日本甲状腺学会 P2-10-02 ダイエット目的のリオチロニンナトリウム過剰服用によって中枢性甲状腺機能抑制をきたした一例)

甲状腺関連の上記以外の検査・治療     長崎甲状腺クリニック(大阪)

広告

長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,天王寺区,東大阪市,天王寺区,生野区も近く。

長崎甲状腺クリニック(大阪)

甲状腺(橋本病,バセドウ病,甲状腺エコー等)専門医・動脈硬化・内分泌・糖尿病の長崎クリニック(大阪市東住吉区)(近く に平野区、住吉区、阿倍野区、松原市)
長崎甲状腺クリニック(大阪)は甲状腺専門医[橋本病,バセドウ病,甲状腺超音波(エコー)検査等]・動脈硬化・内分泌の大阪市東住吉区のクリニック。平野区,住吉区,阿倍野区,住之江区,松原市,堺市,羽曳野市,八尾市,東大阪市近く

住所

〒546-0014
大阪市東住吉区鷹合2-1-16

アクセス

  • 近鉄「針中野駅」 徒歩2分
  • 地下鉄 谷町線「駒川中野駅」
    徒歩10分
  • 阪神高速14号松原線 「駒川IC」から720m

診療時間電話番号や地図はこちら

ORSコード